タグ:親に報告

離婚のことを両親に話すタイミングはいつが良いのでしょうか?
私なりにまとめてみました。


離婚を考えいる(迷っている)段階

離婚を考えているとき「誰かに相談にのってもらいたい」と思うのは当然です。自分自身の親は、一番身近で頼りになってくれる存在です。しかし、親身になり過ぎて感情的になり、話がこじれるケースもあります。また必ず自分を支持してくれるとは限らず、離婚を反対される可能性もありますよね。

そして「(自分の)子どもが離婚するかもしれない」という不安定な気持ちで、話し合いの期間を過ごさせてしまうことになり、親に心配をかけることになります。 


ネット検索すると親に相談して成功した例、失敗した例を読むことができます。親の性格なども考えながら慎重に判断したほうがよさそうです。

特に修復したい(迷っている)と思っているときはこの時期に親への相談はやめましょう。早い時期に親が介入すると、修復の余地がなくなってしまうからです。夫婦の問題が両家の争いにすり替わる可能性もあります。両親を入れての話し合いよりも本人同士の話し合いが復縁成功につながることが多いようです。


精神的につらくて、この時期にどうしても親に相談したいという方は、「親に相談はするが話し合い自体は夫婦二人で進めたい」ということを伝え、親から相手に直接連絡しないようにしてもらうことが必要です。


離婚条件は話し合っている段階

離婚することは夫婦間で合意していて、離婚条件を話し合っているタイミングで親に報告することはどうでしょうか。

離婚後に親に協力してもらうことを予定している場合(例えば実家に住まわせてもらう、子供の面倒をみてもらう、生活費を援助してもらうなど)はこの時点で相談して協力が得られるようにしておくべきです。

私の場合は、実家に戻るもしくは実家の近くで暮らして、両親の協力を得ながら仕事と育児をするほうが私と子供たちの生活環境的にも精神衛生上にもベストだ考えていたので、このタイミングを選びました。

上の「離婚を考えている(迷っている)段階」と同様に、この時期でも親へ心配をかけたり、親からの反対にあう可能性があります。
「離婚することになった」と伝えるとともに、「これからはこうしていく」とポジティブにしっかり伝えることが大切です。


離婚後に報告

私には意外でしたが、離婚を成立させてから事後報告される方も多いようです。
理由は「離婚は当事者間の問題で親は関係ない」「親に心配をかけたくない」「親に反対されて心労を増やしたくない」などなど

実家に生活面でも金銭面でも迷惑や負担をかけないことはもちろんですが、「なぜ事前に相談してくれなかったの?!」と親子関係が険悪になる場合もあるので、実家との関係性(親子関係)を考えて事後報告を選ぶかどうか決める必要があります。


まとめ

親に打ち明けるのは、「離婚を決意し、夫婦間である程度離婚の話し合いが進んでから」、もしくは「全てが済んでから」。どちらを選ぶかはケースバイケース。

義両親への報告

一昨日、夫から両親に(私からみたら義両親)に離婚すると電話で伝えたよと報告がありました。
「全然、反対されなかったよ」と嬉しそうに・・・。

(ちなみに夫の両親は、私たちの家から高速で1時間半ほどの場所に住んでいて数か月に1回のペースで日帰りで遊びに行っています。
私の両親は飛行機で行き来するくらいの遠方に住んでいて、子供たちの長期休みに合わせて年2回1週間ほど帰省しています。)

離婚話を夫から切り出されてからの数日間、もしかしたら夫が心変わりするかもと少し期待を抱いていましたが、これで離婚への夫の決心は変わらないなと確信しました。
夫は何よりも両親の目を気にするからです。両親に言ってしまったからもう変えられないと考える人です。


実両親への報告

無職無収入、就職ブランク約10年もある私が子供たちを引き取って育てるためには、実両親の協力が必要だと考えていたので私も実両親に離婚を打ち明けることにしました。

翌日、子どもたちがいない午前中に母親に電話しました。

「離婚することになった。子供2人を連れてそちらに戻ろうと思うので、いろいろと協力してもらってもいい?」と聞くと、母親は「いいよ、いいよ、連れて帰っておいで」と。

あとは、「夫も子どもたちを引き取りたいと言っているので親権は争うことになりそう」なことと、「子どもたちの幼稚園や小学校のことがあるので三月までは離婚せずにこちらで暮らす方向」なのを告げました。母親は「子供がいるといろいろ考えないといけないから大変なのねぇ。」と言っていました。
もともと2人とも電話で話し込むタイプではなかったのでかかった時間は5分弱程でした。


母親の性格からいって反対しないのはわかっていたけど、いろいろ言わずに協力に応じてくれて本当にありがたかったです。


もし離婚に反対されていたら

もし母親から離婚に反対されたら、離婚への私の意志はかなりぐらついていたと思います。
パートをするなどしてある程度収入ができるまでなんとか離婚を引き延ばそうと画策したかな。

ネット掲示板や知恵袋などでは、子供のために離婚を拒んで仮面夫婦を続けている人の話をよく目にします。心が強いなぁと感心します。それに比べて私は夫に離婚を切り出されてすぐに、修復ではなく離婚に向かっての話に切り替えてしまったので「子供のために本当にこれでよかったのかなぁ」と一日に何度も考えてしまいます。

母親から電話で、「もう決めたなら新しい生活に目を向けなさい。うつむいてたら親権もとれないよ。」と励ましの言葉ももらったので、子供のためにも今日からは新しい生活に向けて、離婚をポジティブで前向きに捉えていきたいです。

↑このページのトップヘ