ここ数か月間、夫の私に対する態度がおかしいなとは思っていました。
会話は必要最低限だし目も合わせない。
「おはよう」や「おかえり」の挨拶にも無視。
休日に子供たちと出かける(私はお留守番)ときと食事以外は自分の部屋に閉じこもるなど・・・。

そろそろこの状態をどうにかせねばと思いながら過ごしていた時に、
会社から帰宅した夫い離婚話を切り出されました。

夫が話したことをまとめると

①離婚したい理由は性格の不一致、一緒にいても楽しくない。修復は無理。
②子供2人は引き取って責任をもって育てる。
③できればすぐにでも別れたい。


それに対する私の返答は

①私も努力するから修復できないか
  →夫に「絶対に無理」と即答されたため、離婚を受け入れる。
 (すぐに離婚を受け入れたのは、
  性格の不一致は私も感じていて、私の性格のきつさやダメさを自覚していたから。
  ここ数か月の夫の私への無視に近い態度がこれからも続くのかと考えたら精神的に病み
  そうだったのと、子供たちの教育上にもよくないと考えたからです)
       
②私も絶対に子供2人は引き取って育てたい。裁判をしてでも親権は争う。
③子供たちの幼稚園、学校のことを考えたらすぐには無理。
 幼稚園はあと1年で卒園なので、卒園させてから別れたい。


結論

その日は2時間ほど話し合い、離婚に向けてお互いに準備を進めようという結論に。親権を争う場合はすぐには離婚できないので、離婚も卒園まで先延ばしにする方向になりました。


当たり前ですがその日は全然眠れず、「専業主婦 離婚 親権」でネット検索していろいろな方のブログ記事や知恵袋を一晩中読み漁っていました。
「親権は母親のほうが有利」ということが確認でき、ホッと一安心。
時間があるときに調べたことを記事にしたいと思っています。