義両親への報告

一昨日、夫から両親に(私からみたら義両親)に離婚すると電話で伝えたよと報告がありました。
「全然、反対されなかったよ」と嬉しそうに・・・。

(ちなみに夫の両親は、私たちの家から高速で1時間半ほどの場所に住んでいて数か月に1回のペースで日帰りで遊びに行っています。
私の両親は飛行機で行き来するくらいの遠方に住んでいて、子供たちの長期休みに合わせて年2回1週間ほど帰省しています。)

離婚話を夫から切り出されてからの数日間、もしかしたら夫が心変わりするかもと少し期待を抱いていましたが、これで離婚への夫の決心は変わらないなと確信しました。
夫は何よりも両親の目を気にするからです。両親に言ってしまったからもう変えられないと考える人です。


実両親への報告

無職無収入、就職ブランク約10年もある私が子供たちを引き取って育てるためには、実両親の協力が必要だと考えていたので私も実両親に離婚を打ち明けることにしました。

翌日、子どもたちがいない午前中に母親に電話しました。

「離婚することになった。子供2人を連れてそちらに戻ろうと思うので、いろいろと協力してもらってもいい?」と聞くと、母親は「いいよ、いいよ、連れて帰っておいで」と。

あとは、「夫も子どもたちを引き取りたいと言っているので親権は争うことになりそう」なことと、「子どもたちの幼稚園や小学校のことがあるので三月までは離婚せずにこちらで暮らす方向」なのを告げました。母親は「子供がいるといろいろ考えないといけないから大変なのねぇ。」と言っていました。
もともと2人とも電話で話し込むタイプではなかったのでかかった時間は5分弱程でした。


母親の性格からいって反対しないのはわかっていたけど、いろいろ言わずに協力に応じてくれて本当にありがたかったです。


もし離婚に反対されていたら

もし母親から離婚に反対されたら、離婚への私の意志はかなりぐらついていたと思います。
パートをするなどしてある程度収入ができるまでなんとか離婚を引き延ばそうと画策したかな。

ネット掲示板や知恵袋などでは、子供のために離婚を拒んで仮面夫婦を続けている人の話をよく目にします。心が強いなぁと感心します。それに比べて私は夫に離婚を切り出されてすぐに、修復ではなく離婚に向かっての話に切り替えてしまったので「子供のために本当にこれでよかったのかなぁ」と一日に何度も考えてしまいます。

母親から電話で、「もう決めたなら新しい生活に目を向けなさい。うつむいてたら親権もとれないよ。」と励ましの言葉ももらったので、子供のためにも今日からは新しい生活に向けて、離婚をポジティブで前向きに捉えていきたいです。